中古車はいくら安くても、型落ちモデルのハイブリッドカーはあまりおすすめできません。

ハイブリッドカーの中古車

 

ハイブリッド車に乗りたくても、通常の同クラスのガソリン車に比べても初期費用は大きく、新車では手が届かにという人も多いと思います。

 

こうした時に選択肢で出てくるのがハイブリッドカーの中古車を買うという方法です。

 

補助金の制度も終わったいま、新車で買うメリットは一昔前に比べて少なくなり、中古車の注目度は再び上昇しています。

税金面での優遇とは?

 

 

通常のガソリン車であれば、欲しかった車種が中古で予算以内に買えるようになった時、無事故者で内装・外装・エンジンなど機械面などの状態がよければネックになる事は少ないですが、ハイブリッドカーの場合、中古車を買うにあたり不安が大きくなります。

 

ハイブリッドカーの魅力は低燃費で、ランニングコストを安くできる事がハイブリッドカーに乗るメリットですが、中古のハイブリッドカーを買ってバッテリーの寿命による交換やハイブリッドシステムの故障による大掛かりな修理が必要になってしまっては、ハイブリッドカーを買う意味がなくなってしまいます。

 

こういった背景もありハイブリッドカーに乗る為に、低い予算内で買える中古車を選ぶといった考えでハイブリッドカーの中古車を買ってしまうと、後悔するリスクが大きくなります。

 

 

古い型のハイブリッドカーはおすすめしない

ハイブリッドカーは日々進化をしていて、現時点ではトヨタのTHSⅡと呼ばれるハイブリッドシステムが他社メーカーのハイブリッドを一歩リードしていて、最近になってようやくホンダが新型フィットに搭載したi-DCDのハイブリッドシステムが追いついてきたというレベルで、その他のハイブリッドシステムはTHSⅡと比べても劣っていると断言できる内容です。

 

THSⅡが搭載されているモデルの中古車であればオススメ度は高いですが、その他のシステムのハイブリッドカーはバッテリーの放電制御が甘かったり、走行用バッテリーの交換コストが高い傾向があり、例え割安感があるハイブリッドカーの中古車があってもオススメできないというのが現状です。

 

 

ハイブリッドシステムだけでなく、通常の中古車としてのチェックポイントも忘れずに

ハイブリッドカーの中古車を選ぶ時は新車からの経過年数や走行距離・バッテリー交換履歴など、ハイブリッドシステム関係の事ばかりに注目しがちですが、ハイブリッドシステムが付いている以外は根本的に普通の車と同じです。

 

バッテリー交換履歴があり低走行だから安心できる。などのハイブリッドシステム面だけを重視して中古車を選ぶと、後からカーナビの型が古すぎる。実は事故車だった。などといった初歩的なミスを冒す事もあるので、ハイブリッド車は通常のガソリンエンジンの中古車と共通する中古車リスクがある事を忘れずに選ぶようにしましょう。