パラレル方式とシリーズ方式の2つの要素を持ち合わせているスプリット方式。

スプリット方式とは

 

現在のハイブリッドカーの主流になっているのは、スプリット方式です。

 

トヨタのプリウスやアクアをはじめTHS(トヨタハイブリッドシステム)シリーズを採用している車は、スプリット方式です。

 

スプリット方式は、他にも「フルハイブリッド」や「シリーズ・パラレル方式」と呼ばれる事もあります。

 

スプリット方式とは

当サイトでは、ハイブリッドカーの仕組みでパラレル方式とシリーズ方式を紹介しています。

 

  • パラレル方式は、エンジンで常に車を駆動させ、モーターはアシストの役目です。
  •  

  • シリーズ方式は、駆動自体はEV車(電気自動車)と同様にモーターだけです。
  •  

  • スプリット方式とは、パラレル方式とシリーズ方式の両方の要素を取り入れて、エンジンだけで駆動する時もあれば、モーターだけで駆動する事もあります。

 

トヨタをはじめ、ホンダなど多くのメーカーでは、発進時や低速時などのトルクが求められる速度域では、エンジンを停止させてEVモードで走る設定になっています。

 

また、EV車やPHEVに比べ航続距離は減りますが、任意設定でEVモードとして電気自動車にように使う事も可能です。

 

 

スプリット方式が人気の理由

最近では、従来パラレル方式が主流だったミニバンをはじめ、幅広い車種でスプリット方式のフルハイブリッドが人気です。

 

車両代金は高くなりますが、実燃費によるランニングコストの違いを明白に実感できる事や、静寂性やハイパワーなどの性能アップが対価に見合うと消費者から評価されています。

 

ハイブリッドカーを選ぶ人は多様化していて、プリウスやアクアなどは低燃費によるランニングコストが重視されてます。

 

ミニバンやファミリーカーは静寂性、高級セダンでもハイパワーや軽快な加速を求めてスプリット方式のハイブリッドを選ぶ方が増えています。

 

このように、幅広い世代の方から支持される魅力が複数ある事がスプリット方式のハイブリッドカーの魅力です。

 

 

スプリット方式は各社最も力を入れている

自動車メーカー各社は、平行してシリーズ方式や水素エンジン車、EV車の開発もしていますが、最も力を入れているのが現在の主力のスプリット方式のハイブリッドカーです。

 

燃費のカタログ性能だけではなく、バッテリーの耐久性や交換コストの削減なども課題になっていて、幅広い面で性能がアップした新型車が続々と投入されています。

 

プリウスで見れば、初代と新型の4代目を比べると、見た目やカタログ燃費だけではなく、幅広い項目でパワーアップしています。