エンジンは発電専用でタイヤの駆動はモーターのみのシリーズハイブリッド。

シリーズ方式とは

 

シリーズ方式について考える男性

 

ハイブリッドカーには様々な種類がありますが、いまだに国産メーカーからは発売されていない方式があります。

 

それは「シリーズ方式」のハイブリッドです。

 

 

シリーズハイブリッドとは

現在主流のハイブリッドは、エンジンとモーターの双方でタイヤを駆動させています。

 

それに対してシリーズハイブリッドはエンジンを積んでいますが、エンジンは発電専用でタイヤの駆動はモーターのみで行います

 

動力性能的には、EV(電気自動車)と同じ。
そしてコンセントに繋いで充電する必要がなく、走りながら同時に充電を行う事も可能です。

 

 

シリーズハイブリッドの課題

シリーズハイブリッドは、EVよりも航続距離が確保しやすいメリットがあります。

 

しかし、実用化に向けては課題が多く、これまで何度も試作車の開発を進められても、実用化に向けて中々前進しないのが現状です。

 

シリーズ方式は電車や船では、昔から実用化されている古い考え方の仕組みです。

 

シリーズハイブリッドを乗用車で応用するには、エンジンとモーターの双方を大きく設計しないといけません。

 

自力で発電できるので、モーターを小さくする事ができますが、EV走行はトルクは確保できても馬力が出しにくい欠点があります。

 

電車や船のような、一定のパワーが出れば良い乗り物ではなく、車は臨機応変に幅広い速度域で安定したパワーを求められます。

 

この、

  • モーターとエンジンの双方を大きくすると積載できる車種の大きさが限られる事
  • 馬力不足によって中速度領域以上のパワーが不足しがちになってしまう事

がシリーズハイブリッドの課題です。

 

 

シリーズハイブリッドの将来性

現在、シリーズハイブリッドは一部の外国メーカーが実用化や量販車として販売された実績がありますが、国産メーカーから全て開発止まりで、一部のメーカーでは既にシリーズハイブリッドの開発に消極的になっている所もあります。

 

仕組み自体は、車のハイブリッドが流行する前から実用化されているもので、紹介している通り課題も多いです。

 

しかし、近年ではEV車の量販車が活躍するなど、モーターとバッテリーの性能が進化しています。

 

現在、日産などEV車を得意にしているメーカーがシリーズハイブリッドの開発に力を入れて、すでに具体的な発売時期まで出ている車種もあるそうです。

 

ハイブリッドカーに新しい形が加わる日はそう遠くはないかもしれません。

 

ただし、現在主流のパラレル方式やスプリット方式のシェアバランスに大きく食い込めるほどのインパクトはないと評価しています。