パラレル方式のハイブリッドカーについて紹介しています。

パラレル方式とは

 

パラレル方式のハイブリッドは俗称「簡易ハイブリッド」や「マイルドハイブリッド」とも呼ばれています。幅広い車種に早い段階で投入された方式のハイブリッドで、現在も搭載車種の現行車は多数あります。

 

パラレル方式とは?

パラレル方式のハイブリッドカーは、簡単に例えると、通常のガソリンエンジンの車にアシスト用のモーターと、それを動かすためのモーターを積んだ車です。

 

コストが安く汎用性が高いのが魅力ですが、燃費性能はフルハイブリッドと呼ばれる現在主流のハイブリッドカーに劣っているのが現状です。

 

 

シリーズ・パラレルハイブリッドとの違い

「シリーズハイブリッド」のページでも紹介していますが、エンジンで発電機を回してモーターだけで駆動する仕組みをシリーズハイブリッドと呼びます。

 

エンジンとモーターがそれぞれ独立した働きをする事が特徴です。

 

それに対して、通常のパラレル方式は常時エンジンは稼働していて、モーターはそれをアシストする役目を担います。

 

そして現在、プリウスなどに採用されて最も人気が高い仕組みがシリーズ・パラレル方式です。
名前の通り、それぞれの良いところを兼ね備えた仕組みです。

 

ハイブリッドシステムの呼称は、メーカーやメディアによって違い、シリーズ・パラレル方式は、スプリット方式と同じ意味を持ちます。

 

 

スズキのS-エネチャージはパラレルハイブリッド!?

 

スズキのロゴ

 

軽自動車で大きなシェアを持つスズキは、主力車種に続々と低燃費を売りにしたS-エネチャージを投入しています。

 

S-エネチャージの仕組み回生ブレーキなどで充電したエネルギーを補助バッテリーでタイヤ駆動を補助して、加速時などのパワー不足を補います

 

この通常はガソリン車だけでも走る事ができて、必要に応じてモーターでサポートする事はパラレルハイブリッドの仕組みに分類されます。

 

スズキがハイブリッドではなく、独自の呼称を使うのは、この先もっと本格的なハイブリッドカーの投入を計画しているからだと言われてます。

 

また、軽の燃費競争でカタログ燃費が他社をリードした要因が、ハイブリッドの力だけではない事をアピールするために、独自の呼称をうたってると言われてます。