ハイブリットカーもメーカーごとにモーターの活用方法などが違い、ハイブリットカーの中でもさまざまな種類があります。

ハイブリットカーの仕組み

 

ハイブリットカーの仕組みについて簡単に説明します。

 

あくまでも簡単な説明という表現をさせていただきますが、ハイブリットもトヨタ・ホンダを中心に今では多数のメーカーがハイブリットカーを導入しており、メーカーごとに細かく違います。

 

そういった所まで細かく説明しますと、マニア向けの話になってしまいますので、

  • ハイブリットカーって言葉だけ知っている。
  • 電気とガソリン両方で走る車って事だけ知っている。

といった方を対象にご説明させていただきます。

 

 

 

 

 

ハイブリットカーとは、ハイブリット。
2つ以上の動力を組み合わせて走る車という意味になります。

 

なかにはバイオエタノールとガソリンなどといったモノもありますが、現在ではハイブリットカーとはガソリンと電気で動く車の事を指すのが一般的になってきました。

オイル

 

従来の車でもバッテリーはレース車両を除きほとんどの車に装備されており、主にエンジンの始動やエアコン・オーディオ・カーナビ・灯火類などの電源として使用されていました。

 

そのバッテリーは蓄電されてた電力でエンジンを始動させ、エンジン始動後はエンジンの動力を使用しオルタネータという発電機で充電します。

 

発電機を回すにはそれなりの負荷が発生し、エアコンを付けたりすると、発電機にかかる負荷が増えて燃費が悪くなったりします。

 

これが従来の車の仕組みです。

 

 

 

 

 

ハイブリットカーの一番の特徴は、車の減速時する時に発生する抵抗でモーターを回転させて発電しそれを蓄電し、蓄電した電気でモーターを駆動させて車を動かすというものです。

 

電気自動車やバイオ・LPガスの車と違い、一般的な車と同じようにガソリンスタンドでガソリンを給油するだけという手軽さで電気モーターのアシストなどを受ける事ができます。

 

そこから、各自動車メーカーでさまざまな活用法を駆使してそれぞれハイブリットカーとして活躍してます。

 

 

 

 

 

有名なのはトヨタとホンダでハイブリットの大量生産が難しいと言われていた中、早い段階から一般ラインナップに組み入れて実績を作ってました。

 

一部有名なのを紹介すると、現状大きなシェアを占めているのがトヨタのプリウスなどに搭載されたTHS-2というハイブリットシステム。

 

2モーターに発電機・動力分割器などを一体化させ業界トップレベルの効率化と燃費性能を誇っております。

 

ホンダのIMAシステムはエンジンの小型化・仕組みの簡素化に特化し、低価格でのハイブリット大量生産を成功しております。

 

その他にも、燃費性能よりもモーターのパワーアシストを特化させたようなスポーツモデルや、ガソリンとモーターでそれぞれ違うタイヤを駆動させて4WDの性能を再現させたものなど、さまざまなハイブリットカーがあります。