静か過ぎて、歩行者に気づかれない事が原因の事故も多くなっていますので、運転する際には注意も必要です

ハイブリットカーの静寂性はどのくらい?

 

ハイブリッドカーの燃費以外のもうひとつの魅力。
それは静寂性になります。

 

ハイブリッドカーも種類が色々あり、ホンダのIMAシステムのように、電動アシスト自転車みたく基本的には常にモーターはエンジンのアシストとして動くようなものもあれば、トヨタのプリウスやアクアのTHS-2のように、発進時や低速域をモーターだけで駆動する事が可能のものなどがあります。

 

⇒ハイブリットの仕組みはこちら

 

 

静寂性という面で圧倒的な強さがあるのは、トヨタのハイブリッドになります。

 

特にプリウスの静寂性は素晴らしく、静かすぎて問題視される事もあるくらいです。

 

「どのくらい静かか?」というと、エンジンはプッシュボタンでかけるのですが、ボタンを押してもメーター周りに電源が入るだけでエンジンはかかりません。

 

ハイブリッドカーを知らない人ですと、「壊れてるのではないか?」と疑ってしまう状況です。

 

ですが、発進時はモーターのみで行えますので、そのままギアをDレンジに入れれば走り出す事ができます。

 

グッドなお兄さん

その後、走行中にエンジンが始動し、電気とガソリンのハイブリッド走行やガソリンエンジンでの走行と切り替わるのですが、トヨタのこだわりでしょうか?

 

普通に街中をゆっくり走っている程度だと、いつエンジンがかかって、いつエンジンが停止しているかが分からないくらい静かなのです。

 

 

 

 

 

 

実際は動力の源はガソリンエンジンのウェイトが多いはずなのですが、乗ってみると、ほとんど電気で走っているのではないか?という気持ちになります。

 

 

プリウスなどは静かすぎて、歩行者が車の存在に気づかず事故が多発し、問題になるという事もあり、運転する際は周囲に気づかれてるか?というのを通常の車以上に気にする必要性もありますが、静寂性はそれだけ素晴らしくストレスなく車を乗ることができます。

 

 

プリウスに限らずとも、モーター駆動は基本的にほとんど音がしませんので、常時エンジンがかかっているようなハイブリッドカーでも、加速時などはモーターアシストがあるおかげで、通常のガソリンエンジン車に比べて非常に静寂性はとても高くなっています。