1人か2人で乗ることが多く、必要以上のエンジンのパワーを求めないのであればアクアがおすすめです。

コンパクトカーカテゴリのおすすめ車種をピックアップしました!

 

現在日本国内においてはコンパクトカーのハイブリットは

  • トヨタのアクア
  • ホンダのフィットハイブリット

の2強となっています。

 

フィットハイブリットも昨年のモデルチェンジでハイブリットを従来のコスト重視のIMAシステムからi-DCDに変更した事により燃費性能が格段に上昇し、スペック的にもアクアと同じ水準まできています。

 

この2つの車種で、すべての要素でどれが勝ちか白黒つけにくい状況にあるのが現状のコンパクトハイブリットを牽引するこの2台だと思います。

 

 

 

簡単にそれぞれの長所を紹介させていただきます。

 

エンジンについて

ホンダのフィットが一歩上を行っています。

 

もともとのガソリンフィットの時から低燃費車の代表格であった実績に加え1.5リッターに統一しアトキンソンサイクルを採用したエンジンはとてもパワフルで、スポーティーな走り。

 

ストレスのない加速を求めるのであればフィットをオススメします。

 

 

足回りについて

好みが大きく出ますが、

アクアの方が万人受けする設定になっております。

 

アクアもフィットもコンパクトカーのジャンルなので仕組みに大差はないのですが、フィットの方が若干荒らさがあり、快適性を求めるのに白黒つけるのであれば、アクアの勝ちと判定をつけたいです。

 

 

運転席・助手席・メーター・インパネまわり。

メーター・インパネまわりも好みの要素が強くなりますが、ハイブリットカーの実績と往年インパネまわりの作りを得意としている

 

トヨタのアクアに軍配があがります。

 

座席

また、フィットは初代からセンタータンクレイアウトを採用しており、初代から比べると格段にシートのクッション性や運転席・助手席の居住性は改善されてはいるのですが、アクアと比べると、フィットハイブリットの運転席・助手席の座り心地は劣ります。

 

 

またアクアよりも見た目では視界が広そうに見えるかもしれませんが、Aピーラーの死角も初代から指摘されていますが、難点となっております。

 

 

 

後部座席・荷室

この分野においては文句なしでフィットハイブリットの勝ちです。

 

車のデザイン意外にも、センタータンクレイアウトを使用する事で後部座席・荷室の広さというのはフィットの昔からの得意ジャンルです。

 

それに反しアクアはデザインでもわかるように、後部座席や荷室にそこまで力をいれず、デザイン性や快適性を重視しております。

 

ですので

後部座席・荷室の使用頻度が多ければフィットハイブリットがオススメです。