また昨今はハイブリッドカーをはじめとした、エコカーの性能向上によって、より影を薄めている状況にあります。

電気自動車ってどうなの?

 

ハイブリッドが今ほど普及する前は電気自動車もハイブリッドと同じ。
もしくはそれ以上の期待をされていました。

 

電気自動車の魅力はなんといっても、ガソリンを使用しない実用性にあります。

 

当然ガソリン代がかからない代わりに電気代がかかりますが、電気代は深夜の割引もあればディーラーや高速道路のSA・PAや道の駅など、無料充電できるところや、数百円程度で急速充電器を使用できるような場所も増えてきました。

 

実質のランニングコストとしては、ハイブリッドカーを大幅に上回っているのは確かです。
ですがハイブリッドに比べて普及しなかったのには、電気自動車ゆえの問題点が多かったからです。

 

 

 

 

普及しない一番の要因は充電器の問題です。

 

  • 基本的には一般のコンセントやブレーカーでは充電ができない。
  • もしくは困難となっており、専用の充電用電源を導入する工事をする事

が必須となります。

 

 

充電中

工事をする事に費用がかかるのもありますが、この時点で持ち家の自宅の中に駐車場を完備している家でしか導入は難しくなり、賃貸住宅や月極駐車場を借りている人は候補に入れる事すらできなくなりました。

 

また、自宅内に駐車場があっても工事が必要となると、「コスト以上に、まだ発展途上で普及しきれていない電気自動車を自宅を工事してまで導入するべきか?」と腰が重くなってしまいます。

 

 

とりあえず、次の車はお試しで電気自動車乗ってみようと軽い気持ちでは買えないのです。

 

 

 

 

またハイブリッドに比べても、車両価格に割高感があり、自治体などによっては助成金などもありますが、トヨタのアクアが一回の給油で500km以上走れるのとは違い、電気自動車は

 

  • 走行距離の短さや
  • 電源補給場所の少なさ
  • 充電時間の長さ

 

などのネックが大きく、ガソリン車やハイブリッド車に付加価値の値段をつけてまで購入しよう。と思える人が少ないというのが現状です。

 

これは電気自動車の性能が今より少し向上したり、値段が今より少し下がったとしても、ハイブリッドやガソリン車なども性能は向上してきてますのですぐに普及するのは難しいでしょう。

 

 

 

 

ですが電気自動車は使い方によってはとても有効になります。

 

自宅で充電できるスペースを持っており、毎日短い距離しか乗らないような使い方。
遠出用の車を別で持っているような家などでは、充分に浮いたガソリン代で差額をペイする事も可能です。

 

たまにしか乗らないという方であれば、バッテリーの寿命や機能低下もあるものですので、オススメはできません。

 

日産のリーフの場合、5年でバッテリーの容量が20%ほど減少し走行可能距離が80%程度になると言っております。

 

ですので、

現状は事業用で毎日、細かい移動を繰り返して使っているような法人などが導入しているくらいで、個人での普及率は非常にわるくなっています。